宅地建物取引士は、不動産取引の専門家として相手方に重要事項を説明する国家資格です。宅建業者の事務所においては、従業員5人に1人の割合で有資格者を置くように義務付けられているため、不動産業界への就・転職はもちろん、資格の知名度の高さもあって他業界においても高い評価につながるためキャリアアップとして有効な資格であると考えます。