「気象予報士」制度は、気象庁から提供される数値予報資料等、高度な予測データを適切に利用できる技術者の確保を目的としています。気象予報士になるのは、気象予報士試験に合格しなければなりません。難関ですが、人気のある資格です。今回の講座は、気象予報士の「入門」を学ぶ講座として、空や気象に興味のある方におすすめの講座です。